デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 採用サイト

企業再生からまちづくりまで、対象の実態把握や再生計画、モニタリング等の一連プロセスにおいて求めれられる専門的サービスを提供します。

/wp-content/uploads/2018/05/main-5.jpg

/wp-content/uploads/2021/08/main_top-2.jpg

クライシスマネジメントビジネス/リストラクチャリングサービス

企業再生からまちづくりまで、実行にフォーカスして支援を行うことで真の産業再生を実現

M&Aや事業再生を軸として、様々な業種・業態/フェーズに応じた企業の成長を支援しています。事業計画を行動計画レベルまで落とし込み、経営トップをはじめクライアントとの濃密なコミュニケーションを通じ、クライアント社員個人の力の底上げを図る、ハンズオン型の業績改善支援を提供します。

単なる計画・戦略策定に留まらない「実行支援」を提供

クライアントの業務代行ではなく、クライアント主体の支援を行うことで、現場での人材育成も行い、クライアントの自立をサポートしています。デロイト トーマツ グループの内部管理、組織人事等の知見を踏まえ、様々なバックグランドを持つ実務経験者が、マネジメント、財務、法務などさまざまな課題を包括的に踏まえて支援しています。

日本の産業再生を目指し、企業再生からまちづくりまで支援

特にマーケットの縮小が進む地方では、経営状況が厳しい企業が増加しています。地域の雇用を支える中核企業がなくなり地域の活力がますます失われてしまうという現状を打破すべく、地域全体の産業振興・再生を目指して支援を続けています。
単に地方企業を支援するだけでは、一時的に経営状況が回復しても再度経営状況が悪化することが多いのが現状です。個社支援や各自治体の支援だけでは、真の企業再生や地域再生まで結びつけることは難しいと言えます。地域のサプライチェーンを描き、中核となる地元企業の支援を軸に、国や自治体、地元金融機関を巻き込んだ取り組みが求められている今、DTFAではビジネス/パブリックの両面からのアプローチを通じて、地方創生を実現しています。

海外事業の再生・再編へのサービス提供

現在多くの日本企業が、海外企業の買収や合弁会社の設立を行っていますが、業績が下振れしている海外事業・子会社が少なくありません。現地経営陣に子会社の経営をまかせっきりにしてしまっている、日本側経営陣が現地の商慣習・制度の違いを正確に理解できていない、などが原因のひとつとしてあげられます。また、リストラクチャリングや売却・撤退に対する経験・リソースも少なく、今後の方針について意思決定・実行ができないまま問題が先送りされ、損失が広がるケースが散見されます。DTFAでは、グローバルな知見とネットワークを生かし、海外事業再生・再編の計画フェーズから実行フェーズまでワンストップで支援しています。