デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 採用サイト

M&Aライフサイクルやグループ内組織再編、会計目的の評価等の各種局面において、企業価値評価サービスを提供します。

/wp-content/uploads/2018/05/main-3.jpg

/wp-content/uploads/2021/08/main_top-6.jpg

M&Aビジネス/バリュエーション・モデリング・エコノミクスサービス

100名を超える国内最大規模のバリュエーション専門部隊

M&Aのプロセスの中で、バリュエーションサービスが求められる場面は、M&A取引の準備段階における対象会社の初期的な企業価値分析、交渉段階でのより詳細な企業価値評価の実施、交渉における価格のアドバイスが主なものとなります。DTFAのバリュエーションチームは総勢100名を超える国内最大規模を誇っており、さまざまなバックグラウンドを持ったメンバーが所属し、業界専門性・業務専門性をともに兼ね備えています。

進むコモディティ化、 急がれる付加価値の高いサービスの提供

バリュエーションサービスは、M&AのプロセスにおけるM&A取引の準備段階、交渉段階でのアドバイスが主ですが、最近ではM&Aに習熟したクライアントの増加、M&Aを実施した際の適切な会計処理に対する意識の向上等に伴い、意思決定段階でのモデリングサービスや、M&A完了後のPPA業務(取得した企業の資産・負債の時価評価および、買収金額と時価純資産との差額であるのれんの配分業務)へのニーズが一層高まっており、サービスの幅が広がってきています。より付加価値の高いサービスの実現を求め、他社との差別化を図り、競争力を高めています。

デロイトのネットワークと情報処理技術で迅速な意思決定を支援

バリュエーションサービスに加えクライアントからの依頼で増えているものの一つとして、モデリングサービスがあります。モデリングサービスとは、ビジネスの特性やKPIを考慮したうえでクライアントが求める感度分析を的確に算出することを目的とし、堅牢かつ柔軟な財務モデルを構築・提供するサービスです。近年では、従来のM&A等、投資採算のシミュレーションシーンに限らず、M&A後の管理・モニタリング、経営戦略・事業計画の策定等クライアントが分析・意思決定を行う様々な場面で活用される機会が増えており、今後はデータアナリティクス分野とのシナジーを含めいっそうニーズが広がっていく領域です。

クライアントの様々なニーズに対応

バリュエーションサービスは、クライアントが意思決定を行うに際し、その合理性を担保するための情報を提供することが目的です。したがって、バリュエーションの前提条件や評価結果については合理的に説明のつくものでなければなりません。また、バリュエーションサービスはM&Aのみならずクライシスの分野でもニーズがあります。
DTFAのバリュエーション&モデリングサービスは、クライアントがその戦略を実行する過程で生じるニーズやリスク、規制対応等、あらゆるニーズに対応しなければなりません。すなわち、DTFAのメンバーは新しい課題の解決に常に遭遇し、その解決を図るなかで、自らの市場価値を向上させていくチャンスに恵まれています。