デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 採用サイト

M&Aライフサイクルにおける各フェーズにおいて、常にクライアントに寄り添い、意思決定を支援するアドバイザリーサービスを提供します。

/wp-content/uploads/2018/05/main-1.jpg

/wp-content/uploads/2021/08/main_top-7.jpg

M&Aビジネス/コーポレート ファイナンシャル アドバイザリー

M&Aプロセスにおいて多角的な知見から判断し、クライアントの意思決定を支援する

M&A(合併・買収、株式交換・移転、会社分割、事業譲渡等)は、経営戦略の決定から相手企業との最終契約締結・クロージングまで、さまざまなプロセスを要します。DTFAはこれまで、M&Aに関するさまざまなニーズに対し専門的なアドバイスを提供してきました。今後も、各企業がM&Aに伴う重大な課題を乗り切ることができるよう、豊富な経験と実績を活かし、M&Aの全般にわたるアドバイザリーサービスを提供します。

M&Aの戦略立案から再編の実行まで、クライアントに寄り添いサービスを提供する

ノンコア事業・不採算事業の売却、企業の成長力を向上させる事業買収、事業ポートフォリオの入替え、組織ストラクチャーの変更による本社・子会社間における権限移譲ないしは権限の集中など、持続的成長を目指す企業のこうした組織再編において、その戦略の立案から再編の実行までをサポートするのがコーポレート ファイナンシャル アドバイザリー(CFA)のミッションです。DTFAが取り組むM&A案件では、その支援の多くがディール・ドリブン(ディールを成功させることを軸とする支援)であるのに対し、CFAのサービスはソリューション・ドリブン(クライアントの中長期的な課題を解決することを軸とする支援)です。そのため、クライアントから解決を要請される課題は非常に幅広い範囲におよびます。

グローバルネットワークを駆使し、案件を遂行していく

CFAはクライアントをM&Aのゴール(クロージング)まで導くため、エグゼキューション(実行)の全てのフェーズにおいて、つねにクライアントに寄り添い、アドバイスを提供するサービスです。クライアントによってはステップごとに必要な手続き・交渉・書類・調査などを示しながら、クライアントの社内調整を円滑にし、M&Aが順調に進捗するよう、案件全体の舵取りと後押しをします。M&Aの一般的なステップをベースにしつつも、プロジェクトにより国、ビジネス、ストラクチャーがさまざまであり、一つとして同じM&Aは有りません。DTFAでは、グローバルネットワークのプロフェッショナルと有機的に協働し、案件の遂行を支援します。

ディールプロセスにおける提供サービス

ディールプロセスにおける提供サービスは以下のとおりです。