デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社 採用サイト

/wp-content/uploads/2021/08/01-7.jpg

日本が抱える事業承継問題にイノベーションを起こす

Q.FAプラットフォームの仕事内容について教えてください。

【イノベーションビジネス】FAプラットフォーム

シニア ヴァイス プレジデント〈2018年2月入社〉

A. FAプラットフォームは2018年6月にできた新しいユニットで、私は「M&Aプラス」と「デロイト トーマツ アカデミー」という事業の全体的なマネジメントを行っています。

M&Aプラスは、事業承継に悩む中堅・中小企業とFA(ファイナンシャルアドバイザー)をWeb上のプラットフォームでマッチングする新しいサービスです。現在、順調に会員数が増えており、士業や金融機関、M&A専門会社など全国500社以上のFA会員が利用している状況で、毎月のように成果も出てきております。
私たちはこのプラットフォームを運営しており、具体的にはWEBサイトやシステムの改善、新規FAの勧誘、既存会員のサポートなどを日々の業務として行っております。

デロイト トーマツ アカデミーは、外部のFAや企業の方にM&Aのナレッジを提供するサービスです。現在、日本には中小企業が約390万社あり、そのうちの約半分が事業承継を考えている一方で、サポートが可能なアドバイザーは、質・量ともに十分な水準ではなく、今後もFAの不足が予想されます。一方で、ビッグクライアントにおいてはM&Aやクライシスマネジメントは一般化しつつあり、今後は企業内の戦略を推進できる人材も必要になってくるでしょう。そのためのナレッジやノウハウを提供するのがデロイト トーマツ アカデミーの目的です。現在では対面セミナーに加えて、特にeラーニングの制作に力を入れています。

2つのサービスを展開することで、中小企業から大企業まで幅広いクライアントがM&Aを円滑に行い、その成長や発展に貢献することを目指しています。

Q.DTFAを選んだ理由を教えてください。

A. 前職では全国の士業(特に会計事務所)向けに営業やコンサルの仕事を長年行ってきました。そういった自分の強みを活かしつつ、喫緊の大きな社会課題である中小企業の事業承継問題にも携わりたい想いもあったので、このプラットフォーム事業はまさにそれらと一致する業務内容でした。
さらに会社を選ぶ際にはM&Aなどの専門的な知見を増やしながら実務の経験も積んでいきたいと考えていまして、DTFAは各業界や専門分野のスペシャリストが多いので、そういった面にも惹かれて入社を決めました。

Q.どんな時に自身の成長を感じられていますか?

A. 私の携わるM&A・事業承継プラットフォーム事業では、運営者として様々な能力が求められます。例えば、新規会員増加のための営業やマーケティング力、既存会員であるFAや売り手買い手とのコミュニケーション能力、システム構築に関する知見、WEBサイトの分析能力、チーム運営のための計数管理能力などです。もちろんM&A自体に関する知見も必要になってきますので、日々の業務に取り組む中で自然と幅広い知識や経験が身についている実感があります。
このビジネスに関してはゼロから立ち上げていく経験も出来ているので、なにか新しい成果が出るたびに喜びと成長を感じています。
ほかにもグローバルファームとして本当に幅広い情報に触れる機会が多いので、常に新しい知見やノウハウ、考え方を取り入れることが可能です。

Q.今後の目標を教えてください。

A. M&Aは、アドバイザリーのスキルやコネクション、ノウハウで決まってしまう、いわば属人的な部分が多いのが実情です。対して、M&Aプラスは、M&Aライフサイクル全般の一連の流れを支援できるようなサービスに育てたいと思っています。どこまでをITでサポートできるかが課題ですが、M&Aプラスが標準ツールとして広く使われるようになり、全国の企業が抱えている事業承継の問題を解決するようなインパクトを残せればと考えています。

また、M&Aを円滑に行うためには、関係者が同レベルのナレッジを持ったうえで取引をしたほうがスムーズですから、デロイト トーマツ アカデミーでは、デロイト トーマツ グループが持つナレッジを全国のアドバイザーや企業に共有し、M&Aの裾野を広げていくことが目標です。

Q.DTFAに関心を持っている方へメッセージをお願いします。

A. DTFAは高い専門知識や、幅広いネットワークなど明確な“武器”持っている人にとっては、存分に力を発揮でき、それが評価される環境です。何かしら尖った武器を持っている方には是非ジョインしていただきたいです。実際に今のチームメンバーもM&Aに元々携わっていたメンバーは少なく、金融機関やコンサル会社、税理士法人などの異業種からの転職組が多いです。

さらに言えば、ITは道具であって、道具で何を実現するかが重要だと思える人がFAプラットフォームには向いています。私たちは“システム”ではなくて“企業の課題を解決するサービス”を作ることが仕事であり、ITだけによるものではありません。ビジネス全般に広いアンテナを張って、興味を持てる方にはこの上なくやりがいのある仕事だと思います

Q.この業界を目指す学生の方へメッセージをお願いします。

A. 実際には学生から新卒入社で急にプロフェッショナルファームに入って、すぐに社会人として働いていくのは大変なことです。そもそも求められる基礎能力やスキルが高いうえに、周りのメンバーもそれぞれがプロフェッショナルとしての強みを持ち第一線で活躍しているので、自然と業務品質や対応速度への要求も厳しくなります。
だからこそ「成長のスピード」は速くなります。ほかの企業とは一概に比べられませんが、社会人としての基礎的能力をいち早く向上させて、さらには自分の強みを磨いていきたいという方には、とても良い環境が揃っていると思います。
あとは新規ビジネスの立ち上げや、漠然とでも何かを変革していきたいといった「チャレンジ」する気持ちが強い方にもDTFAは最高の環境だとお約束します。

所属部門をみる