SERVICE LINE
M&A Transaction Services

M&Aトランザクションサービス

野田 敦

M&Aトランザクションサービス
統括パートナー

野田 敦 / Atsushi Noda

M&Aは事業ポートフォリオをアップデートし、資源と資金の再配分を行うことによって、企業の持続的成長を実現させる経営手法です。そしてM&Aは、もはや企業にとっては「特別なこと」ではなく「当たり前のこと」となっています。成熟しつつあるクライアントのニーズに対し、M&Aトランザクションサービスは、M&Aという取引(トランザクション)の価値を最大化するために、案件の初期段階から、案件のクロージング後のサポートに至るまで、M&Aに関する深い知見と経験にもとづく助言や提案を、適時・適切に提供します。

Mission

クライアントとの多様な接点を生かし、
DTFA全体の成長に貢献する。

DTFAのルーツは監査法人です。企業経営の国際化とその高度化・複雑化にともなって、財務会計の専門家集団である監査法人にも、コーポレートファイナンス、M&Aなど経営戦略にかかわる相談がクライアントから寄せられるようになりました。DTFAが有する複数のサービスラインは、こうした動向への対応から生まれました。

サービスラインの中でも、M&AトランザクションサービスはDTFAの中で、日本の公認会計士やアメリカの公認会計士(USCPA)の資格を有するメンバーが一番多い部門です。それはM&Aトランザクションサービスの基盤が、財務会計の専門家としてクライアントが取組むM&Aに関する助言や、さまざまな角度からの支援をしていくことにあるからです。

私たちの部門は、クライアントのバラエティに富むニーズと、DTFAの各サービスラインの専門能力とをコーディネートしていく位置にあることを強く自覚しています。ですからDTFAが開発した新しいサービスを紹介していく機会も多いですし、DTFAの他のサービス分野との協業も日常的にあります。そのため、M&Aトランザクションサービスのメンバーが、そうしたサービス分野にキャリアをシフトさせていくケースも珍しくありません。この流れをさらに拡大し、私たちM&Aトランザクションサービスが、DTFAの人的リソースのバックボーンとなっていくことも、我々の使命であると考えています。

Market

堅調な成長軌道を示すM&A市場

冒頭に触れたようにM&Aは、今日の企業経営においては、「非常時の行動」ではなく「平時の行動」と認識されています。そうした変化の潮流は、私たちの業務にも大きな影響をおよぼしています。その流れは二つあって、一つは、M&A取引のクロスボーダー化です。これは従来から存在していた傾向ですが、クロスボーダー案件が数的に増大していることの内容を見ると、クライアントの裾野が広がっていることが分かります。いままではM&Aを手がけるのは大きな企業に限られていました。しかし、成長をめざして国境を超えようとする動きは、中小企業にまで広がっています。

もう一つは、クライアントからの要請の拡大です。従来M&Aで、私たちは買い手側(buy side)のお手伝いをすることが大半でした。ところが最近、事業や企業の売却を図る側(sell side)からのオファーが増えています。つまり売ろうとする事業の分析を事前に行なっておくこと、あるいは買い手側にリスクとして評価されるような事柄があれば、売り手側もその実態を把握しておくことが重視されるようになりました。このように我々のサービスは、量、質ともに、拡大する傾向が顕著です。しかもこれらの潮流は一過性のトレンドではありません。M&Aを志向する企業が、さまざまな業種・業態・経営規模で増えていることは、私たちにとっても、将来にわたって新たなビジネスチャンスとの出会いが想定されることを意味しています。

野田 敦

Task

付加価値の高いサービスを届けるには。

前のブロックでお話ししたように、M&Aトランザクションサービスの業務の幅は広がってきています。そのいっぽうでM&Aは、企業にとって当たり前のことになっています。それは現象面から見ると、M&Aアドバイザリーのプレーヤーが増えているということでもあります。こうした現状を考慮すると、私たちがクライアントを満足させるには、今までにも増して付加価値の高いサービスを提供しなければならないのです。市場は成長している。競争も激化している。そんな状況のもとで、私たちはいかに戦うべきでしょうか。

私はまずDTFAの強みを生かすべきだと思います。監査法人系のファーム、とりわけデロイトトーマツグループの最大の強みは、サービスの品質でクライアントの期待を絶対に裏切らないという強固な意思です。私たちは、クライアントの期待をさらに上回る品質のサービスを提供することをめざします。こうした取組みにおいては、単に自分の専門性を存分に発揮しさえすればそれでよし、というわけにはいきません。たとえば、デューデリジェンスをやって、そこで終るのではなく、そこからクライアントが企業を買収したあとの課題に、積極的にアプローチしていく必要があります。つまり専門性を発揮しつつ、クライアントの課題解決に役立とうとする。あるいは役に立てるサービスや人材をグループ内に見出して、クライアントとつなげる。こういう行動こそが、付加価値の高いファームというクライアントの評価を生み出すのです。

Message

野田 敦

業務が多様化するいま、
DTFAも多様な人材を必要としています。

日々の業務に熱意と責任感を抱いて真摯に取組みつつ、その業務の延長上にビジネスチャンスを見出そうとする好奇心ないしは向上心を持っている人材に対し、M&Aトランザクションサービスは、大きな成長の機会を用意できます。
監査法人に限らず、前職での財務や経理、経営企画などの経験を、さらにダイナミックに生かしてみたいと思っている方であれば、ぜひ私たちのドアをノックしていただきたいと思います。

M&Aトランザクションサービスで働く社員

米田 博雄M&Aトランザクションサービス
米田 博雄
M&Aトランザクションサービスの募集要項
PAGETOP