コーポレートストラテジーサービス

ヴァイスプレジデント

吉田 航

2013年入社

前職

外資系ブティックファーム

His Motive

入社動機

キャリアの第一歩はDTC(デロイトトーマツコンサルティング(現アビーム))でした。その後、知人と起業したり、外資系のブティックファームなどに席を置き、2013年にDTFAに入社しました。結果としてデロイトグループに復帰したことになります。ブティックファームに在籍していた当時のことですが、その会社での担当業務はコストマネージメントサービスでした。この業務は自分が提供したサービスが、クライアントの業績にダイレクトにヒットするというエキサイティングな部分はありましたが、DTCで感じたようなグローバルなバックグラウンドを駆使した仕事という点では、物足りない思いをしていました。
外から見ると非常によく分かるのですが、デロイトグループの良いところは、個人がノウハウを所有していない分野でも、「ノウ・フー(Know Who)」という言い方があるように、グループ内のどこかに必ずソリューションを提供してくれる人材がいることです。そういう人材とのネットワークが構築されていれば、クライアントを満足させるサービスの実現が非常に効率よくできますし、自分自身の成長にとっても貴重な知見が得られます。DTC時代の私は、宝の山にいながら、そのことに気づかなかったわけです。実はこれこそ私がデロイトグループへの復帰を決めた大きな理由です。もちろんいまの私にとっても、デロイトグループに蓄積された「ノウ・フー」は、大きな無形資産です。

His Job History

history
∨ DTC(デロイトトーマツ コンサルティング(現アビーム))
自分のキャリアをプロフェッショナルファームから始めようと、DTCに入社。コンサルタントとしての職業意識は、それ以降も仕事をする際のコアとなっている。
∨ スポーツ関連ベンチャー企業
フットサルコートの運営受託事業を行なう企業を設立。スポンサーを募り、土地の手当に奔走。
∨ デロイトトーマツ税理士法人
税理士法人に在籍しつつ、同法人にいたかつてのDTC出身メンバーたちと企業再生業務などに従事していた。
∨ 外資系ブティックファーム
コストマネジメントの施策の策定や実行に関する支援業務を担当

● DTFA

His Job

仕事内容

コーポレートストラテジーサービス部門の提供業務としては、M&Aのコマーシャル・デューデリジェンス、オペレーション・デューデリジェンスをはじめとする各種デューデリジェンスから前工程であるM&Aの事業戦略や後工程であるPMI(Post Merger Integration)まで幅広い業務を提供しております。私の主な担当分野はPMIです。PMIは広義ではクライアントとM&Aの対象企業とが、基本合意を締結したあとのクロージングに向けた支援も意味するのですが、狭義ではクロージング後の両社の事業統合を完成させる段階での支援を指します。バックオフィスやバリューチェーンの各業務統合において、M&Aの効果を最大化するための提案や助言、支援を行なっています。
「ノウ・フー」は、ここでも問題解決のための有力な資源です。財務、人事、システムなどの個別の分野に加え、クロスボーダー案件でも、世界のあるゆる地域・国に関する豊富な知見と人材を調達することができるのですからソリューションのインフラとしては本当に価値があると思います。
この仕事ではクライアントと長時間濃密な時間を過ごすことが多く、スキルや人間性のすべてを動員して勝負しなくてはなりません。そこが緊張する部分でもありますが、この関係の中からいろいろな機会を見出して、DTFAの収益機会を最大化していくことに、私は大きなやりがいを感じています。

吉田 航

His Vision

今後のキャリアについて

多くの企業の中期経営計画にはM&Aがほぼ必ず登場する時代です。それは大部分のビジネスにとって、日本国内の市場に大きな成長を期待することができないことは趨勢として避けられないことを示しています。だからクライアントは海外にM&Aの機会を追い求め、その成功にしばしば社運を賭けるのです。その成功に確固とした道筋をつけてあげるのが私のミッションだと思っています。
ディールの規模にもよりますが、通常PMIでは、クライアントは社内に、PMIプロジェクト事務局を設置し、その下にさまざまな分科会を置きます。多い場合、その数は20にもおよびます。クライアントから様々な優秀な人材が派遣され、分科会には我々のメンバーも参加します。各分科会に最適の人材をアサインして、その人材をマネージしていく仕事に私はいま興味を抱いています。クライアントの期待に応え、DTFAの事業機会をM&Aのあらゆるフェイズに見出し、チャンスを拡大していくためにも、PMIで組成されたプロジェクトチームのマネジメントは重要だからです。
私自身、そろそろそうした役割を担わなければならない立場になっていることは自覚しています。その意味からも「吉田はクライアントのハートをしっかりグリップしている」と周りのメンバーから言われるような人間、そして自らDTFAの仕事を発掘し獲得してくるような人材となることが、私の目標です。

吉田 航

Message

求職者のみなさんがM&Aについての必要最低限の知識を備えていることを前提にお話しします。DTFAで成長していくためには、基礎的な知識に加え、リアルな仕事の現場で、どのような立ち居振る舞いをするのか、どのようにクライアントと向き合って、どういったコミュニケーションをとるのか、クライアントの実践的な課題に向き合い、それらを一緒に克服していくことが必要なのだろうと感じています。
事実、DTFAの仕事の負荷はきわめて高いと言えるでしょう。なぜなら私たちが働く世界は、いかにクライアントにコミットして、仕事をやり抜くか、それがすべてなのですから。そのことを考えれば、そしてそこから得られる達成感の大きさを考えれば、負荷の高さは至極当然なことです。

コーポレートストラテジーの募集要項 コーポレートストラテジーサービス
PAGETOP