M&Aトランザクションサービス

シニアヴァイスプレジデント

米田 博雄

2009年入社

前職

人材系ベンチャー企業

His Motive

入社動機

大学を卒業後、3年間は損害保険会社で営業を担当していました。入社2年目から3年目にかけて、大手の銀行や証券会社の経営破綻が連続した状況の中、私も何か資格をもっていたほうが良いと判断し、公認会計士の資格取得をめざして、会社を退社することにしました。1年半の受験勉強を経て合格。有限責任監査法人トーマツに入社し、金融機関の法定監査業務を担当しました。その後友人たちと人材系のベンチャー企業を設立したのち、2009年にDTFAに入社しました。ベンチャーで取締役として経営をする中では、自分の力不足を感じることも多く、改めて会計の世界に戻って、自分のコアスキルを磨き、数字を通してビジネスをみていく力を成長させたいと考えたのです。それがDTFAを選んだ動機でした。監査法人時代の同僚や先輩が数人、DTFAに席を置いていたことも大きかったと思います。
M&Aトランザクションサービスは入社当時50名程度でした。1人あたりの負荷も高かったですが、厳しく指導して頂けた経験はアドバイザリーサービスという業界で生きていくための基礎体力づくりにとても有益なものでした。

His Job History

history
∨ 損害保険会社
基幹商品である自動車保険の代理店営業を担当。やりがいもある仕事だったが、若いうちに「この分野なら誰にも負けない」というスキルを確立する必要があると痛感し、公認会計士の資格取得を目指す。
∨ 有限責任監査法人トーマツ
いち早く米国基準の会計制度を導入した金融機関の法定監査にアサインされた。特に英語が得意という訳ではなかったが、何事も経験と考え積極的に取組んだ。
∨ ベンチャー企業を設立
友人たちと人材紹介をメイン業務とする会社を起業。経営という仕事は奥が深く、財務データだけでは捉えられない部分も多々あることを学んだ。

● DTFA

His Job

仕事内容

DTFAは2015年の10月にインダストリーを軸に、業務を再編成しました。私は金融、特に保険分野のユニットに属し、より専門的な知見とクライアントの抱える課題に迅速に対応できることが期待されています。
現在はクロスボーダー案件のデューデリジェンス、特に日本の保険会社による海外の保険会社の買収においてはプロジェクトマネジャーをしています。我々の仕事には、ここまでやればいいという限界は設けられていません。クライアントの視点に立って、この会社を本当に買うべきか、何か問題はないのか、買った後に何が起きるのか、というようなことを限られた時間の中で、最後の最後まで徹底的に考え抜くタフな仕事です。
クライアントのM&Aに対する見方はどんどん進化しています。それは生き残るための道を、つねに模索しているクライアントにとって、M&Aは非常に重要な手段だからです。私はクライアントが所属する業界で、何が起きているのか、そしてクライアントは何を必要としているのかを、つねに考えながら、自分自身にできることを見つけ出し、仕事の中で実行していきたいと思っています。
プロジェクトマネジャーという私の役割は、クライアントとの関係を築いていくうえで、要となるものです。クライアントの進化にキャッチアップできなければ、私たちの部門の未来はないというある種の危機感を抱きつつ、私は毎日を過ごしています。

米田 博雄

His Vision

今後のキャリアについて

M&Aの分野は大きく進化しています。言い換えればM&Aは、企業にとっても、DTFAのようなプロフェッショナルファームにとっても、もはや特別なイベントではありません。DTFAでなければできないサービスはほとんどないと言えるでしょう。そんな中で差別化を図っていくのはたいへん難しいことです。しかしそれでも成長をめざすDTFAは、この困難な課題に挑戦していかなくてはならないのです。
私は差別化のポイントをM&Aのプロセスの中に見出そうとしています。M&Aは準備段階から買収後まで、多くのフェイズが連鎖するプロジェクトです。私はそれぞれのフェイズの中に、ビジネスチャンスの芽があると考えています。その芽を見出し、前後のフェイズにつなげていくことが大切だと思います。それによってDTFAとデロイトグループは、他のどのようなファームにも真似の出来ない新しい機能と価値を獲得できるはずです。
私は個々のフェイズに隠れている小さな芽をつなげて、より大きな価値に高める作業を、キャリア形成の軸に据えていきたいと思います。ここで重要なのは実務の経験もさることながら、プロジェクトをドライブさせるセンスが問われているのかも知れません。プロジェクトをマネージする現在の職務を果たしながら、DTFAとデロイトグループ全体の資源を視野におさめて、私はこのセンスに磨きをかけていきたいと考えています。このことは私自身のコアスキルを充実させることとも重なるはずです。

米田 博雄

Message

DTFAは、担当する専門領域だけにとどまらず、他の専門領域のメンバーとチームを組んで提供するサービスの第一線に立ち、しかもプロジェクト全体を見通すことができる人材を必要としています。多忙な中でこうした視点を維持することは簡単ではありません。しかし、知的探究心を絶やさずに、努力を継続すれば展望はきっとひらけます。求職者の方々のポテンシャルの評価を、私はこのような観点から行いたいと思います。
業務においては、私は課題を容赦なく課します。応えてくれた方には、さらに高いハードルを用意します。めげずについてきてくれれば、その方の能力は間違いなく伸び、またその能力を存分に発揮する環境がDTFAにはあります。みなさんのチャレンジを期待します。

M&Aトランザクションサービスの募集要項 M&Aトランザクションサービス
PAGETOP